December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

お客様の思い描いているイメージとデザイン画の立案。ご相談から感じる求めているお客様の気持ち。

子供用フォーマルドレスのデザイン画を編集!

デザイン画と実際のドレスの仕上がりについて。

 

着色するとドレスのイメージが固まりすぎてしまう。そして柔軟性が失われるので、より素敵なドレスを制作する時は、基本単色で構成!

 

通常は、デザイン画には着色を行いませんがPCで編集。ウェブサイト用に”一度描いて”、スキャナーに取り込み描き直したドレスのデザインです。着色する時としない時がありますが、必要以上にしてしまうと製作中に”柔軟背が失われるので、私の場合基本カラー以外は着色しないほうがイメージしやすい”です。それぞれですね。

 

もし混合色の場合は、イメージに左右されやすいので私の場合は、基本のカラーからハイライトを描くのみです。

もちろんカラーを先行にイメージする場合は、ラフ書きの段階で色鉛筆で重ね合わせて配色を作ります。

実際のドレスは、薄い素材を重ねて”グラデーションを制作したり”、濃い生地の上に薄い色の生地にギャザーを入れて見せ方を変えたりと様々です。

 

ドレス制作開始する際の大切なご相談!

お客様の求めている”ドレスのコンセプト”、”好みのシルエット”、”演奏中の雰囲気や曲調イメージ”、”お子様のご身長とサイズバランス”、”パーソナルカラーと希望の配色”をご相談させて頂き、イメージを膨らませながらデザイン画を描きます。

その後に、修正箇所を加えて”ドレスのディテールをプラス”していきます。

 

 

デザインを描きながらいつも想うこと!

お客様の約半分近い方は、子供用フォーマルドレス コレクションの中から理想のイメージをしながら選びます。もちろん上半身は、粉のデザイン。スカートは、この雰囲気。ポイントデザインは、このようなリボンがいいなど、セミオーダー感覚で求める方がいらっしゃいます。そのような選び方も”お客様にとっては、解りやすく選びやすいですよね”。ですが、私はできる限り”今まで制作したお客様と衣装が同じになったり、全く同じドレスを制作しないようにしてます”。もちろん頼まれれば制作しますが、できる限りコンクールや発表会で同じデザインやカラーにならないように対応をしてます。

 

ご注文頂いた一人一人の”お子様に対応したドレス”をヒヤリングからご相談をさせて頂きます。

そして、お子様の希望をイメージを感じながら一人一人に対応をさせて頂きます。

 

 

参考にデザイン画と実際のドレスをご紹介!

 

以前、愛知県の小学生にデザインをさせて頂いた”ピアノの発表会とコンクール兼用に制作”をさせて頂いた子供用ドレスのデザイン画です。

 

エメラルドグリーンの子供用の発表会ドレスを立案。ピアノを演奏する小学生

 

 

こちらも以前に、

北海道のお客様にデザインをさせて頂いた”ピアノの発表会ドレス”です。

 

北海道の岩見沢市にお住いのお子様にドレスを制作 デザイン画を描きグラデーションブルーのドレスをデザイン

 

 

■デザイン画とドレス選び!シルエットやドレスイメージを記載。

全国の”ピアノやバイオリンの発表会、コンクール用に衣装を探している方や選ばれている方に”ご参考になればと思っております。

 

The Rabbit Closet デザイン画とドレスの選び方

 

 

 

The Rabbit Closet 
ザ・ラビットクロゼット

  
一人一人のお子様の理想を叶える 
ピアノやバイオリンの発表会ドレスとコンクールドレス”! 
デザイナーが丁寧に”ご相談やご提案致します”。

お気軽にお問合せ下さいませ


Tel:011-684-1411 
Fax:011-555-1653 
Email:info@therabbitcloset.net 

Web Site:http://therabbitcloset.net

 

JUGEMテーマ:発表会の子供ドレス

JUGEMテーマ:HANDMADE * KIDS

JUGEMテーマ:子供ドレス

JUGEMテーマ:キッズファッション

JUGEMテーマ:ドレスオーダー

JUGEMテーマ:キッズ

JUGEMテーマ:オートクチュール

pagetop