December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

お客様からのご質問にデザイナーがお答え!子供用ドレスからジュニアドレスの選ぶポイント。

お客様から”ドレス選びのポイントについて”ご紹介。

子供用ドレスから演奏家が着るロングドレスなど”お客様がドレスを着る状況と雰囲気から選ぶと良いでしょう”!

 

 

初めにドレス選びは、ドレスを着る環境を考慮する!”お求めのお色や好みのデザイン”から選ぶと要注意。

一般的にドレス選びをなされる方々は、ウェブサイトや店舗で自分に似合うドレスやお好みのデザインやお色からお選びになります。その際に一番大事な事は、ドレスを着る際の環境です。シチュエーションが大事です。結婚式で着るお子様のドレスをお選びですか?発表会で着用するドレスですか?大きな舞台での全国規模のコンクールですか?オーケストラとのセッションで着る予定ですか?などドレスを選ぶ時(着る際の環境や雰囲気にマッチ)する事が重要です。

 

次にドレスの”デザインとお色”です。

お好きなお色で選ぶ事が一番良いです。雰囲気や形態に合わせたドレスのデザインとお色もドレス選びの大切な要素です。ウェディングなど結婚式で着用する場合は、”主役の新郎新婦と同じようなデザインやお色を選ぶ事はNG”です。結婚式のコンセプトから”新婦と同じデザインとカラーで演出する事もあります”。ゲストの際はやはり避けるべきですね。

 

演奏家の場合は、各地域性や全国規模のコンクール、コンペティションなどでも少々違いを感じます。

ローカルで行われる発表会と全国規模のコンクールの予選、本線とでは、お客様の求めるデザインは全く違います。もちろんお住いの地域によっても違いを感じる事が多いです。ワンピースのような洋服で演出する方もいますし、ドレスを着て発表会で演奏するする方もいらっしゃいます。弊社の場合はドレスの専門店ですので圧倒的にドレスを求める方々が大半です。ですが少なからずお問合せがあります。

 

ご指導の先生がイメージするドレスもドレス選びで重要です。

ピアノやバイオリンなど習われている先生のイメージも大切です。課題曲の雰囲気は、先生が一番イメージしている選曲です。求められる雰囲気や課題曲の連想させるイメージカラーなど作り手にとっては大切な情報でもあります。演奏家は、スキルや演奏だけで表現しているだけではありません。お衣装で曲調や雰囲気を演出します。演奏曲に合わせたドレスイメージが大切なキーポイントです。

 

最近のお客様から頂いたご質問にお答えさせて頂きました。

ドレス選びの参考して頂ければ幸いです。個人的にドレス選びで悩んでいます?ご質問があります?という方はデザイナーにお気軽にご相談くださいませ

 

 

 

 

The Rabbit Closet 
ザ・ラビットクロゼット

  
一人一人のお子様の理想を叶える ”ピアノやバイオリンの発表会ドレスとコンクールドレス”! 
デザイナーが丁寧に”ご相談やご提案致します”。お気軽にお問合せ下さいませ

 

Web Site:https://therabbitcloset.net
Tel:011-684-1411 
Fax:011-555-1653 
Email:info@therabbitcloset.net

Address:北海道札幌市手稲区星置2条3丁目9-23

メタモールフォーゼ アトリエ内

 

■SNSにも記載しております。

FACE BOOK:https://www.facebook.com/therabbitcloset.net

INSTAGRAM:https://www.instagram.com/therabbitcloset.japan/

TWITTER:https://twitter.com/closetrabbit

PINTEREST:https://www.pinterest.jp/therabbitcloset/

こちらもどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

JUGEMテーマ:New !!! Kid’s

JUGEMテーマ:キッズファッション

JUGEMテーマ:HANDMADE * KIDS

JUGEMテーマ:ベビー服

JUGEMテーマ:発表会の子供ドレス

JUGEMテーマ:子供ドレス

JUGEMテーマ:子どもの習い事

JUGEMテーマ:ドレスオーダー

JUGEMテーマ:オートクチュール

pagetop