June 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

The Rabbit Closetのアトリエでのドレス製作!基本スカート製作とデザインの工程を記載。

お客様からオーダーを頂いているドレスの製作!

パターンメイキングから裁断、スカート製作までのドレス製作の裏側をご紹介。

 

アトリエ内で作るお客様のドレス製作の様子を記載。

ドレス製作は様々な工程を得て一着のドレスが仕上がります。デザイン立案は、お客様とのヒヤリングや相談内容からデザイン画を描きご提案をさせて頂きますが、製作過程はデザイン画に基づき仕上げていきます。おサイズに合わせたパターンの製作、本生地での裁断、裏地の処理、またはドレスのデザインに必要になるパーツ作りなど複数のドレス製作工程が必要不可欠ですね。

 

デザインは見た目重視!お仕立ての良さは美しいシルエットと着心地の良さを重視。

お仕立てが良いとシンプルなドレスでも美しく、バランスの整ったドレスに見えます。また演奏者の場合は特に着心地が良くないと演奏に障害を及ぼす場合もありますよね。時間の掛かる仕立ては”着る方が素敵に、着心地良く着て頂く”ための製作。どの職人もお店の方も同じですよね?ジャンルが違っても同じように感じます。良い食材と優れた料理人は特別に美味しい料理を作りますよね?ドレスのお仕立ても、デザインも同じです。

 

The Rabbit Closet!ザラビットクロゼット。

日本国内!自社アトリエで丹精込めて作るドレス。オートクチュールドレスデザイナーと熟練された職人が”全国の夢を見るお客様に提供するドレス”です。今回は仕上がったドレスではなく”ドレスの製作工程をご紹介”させて頂きます。

 

 

専門パターンから本生地を裁断。

こちらはスカートの基本部分です。本生地の裁断の風景です。パターンに合わせて”キリビ(印)”を付けた後にカットに入ります。スカート分量やお客様に合わせた床上がり丈に基づき製作を行います。ベーススカート部分は特に大切なポイント。こちらのスカートの上にスカートデザインを施していきます。同時にスカートデザインやシルエットに合わせて専用のパニエも製作。デザインを施す前の最初の工程です。

 

ドレス製作 生地の裁断

 

 

スカートパターンを裁断!それぞれの見頃を合わせて縫い合わせる!

フロントスカートとバックスタイルスカート計3枚のパターンを縫い合わせてスカートを製作。それぞれの見頃を合標に合わせて縫い合わせます。縫い合わせた後は、余計な縫い代をカットしてからアイロンで縫い代を広げます。芯地作業や裏地の製作を行い、スカート内部を隠すように裏地を施して一枚のスカートに製作。

 

スカート見頃の縫い合わせ ドレス製作

 

 

表も裏も綺麗に処理をする裏地の処理。

ドレスの裏地は、ドレス本体の縫い目やほつれを見せない処理が重要。裏地を施して着心地が良くなることは間違いないですが、見た目、裏の処理も綺麗なラインに見せるための裏作業です。ドレスのデザインによって合わせる場合とふらし(表地と裏地が別々)な場合もあります。本来ふらし処理ではなく、共合わせの方が綺麗に仕上がります。

 

裏地を合わせてミシン縫い

 

 

裾のカーブに合わせて綺麗に処理!

裾(ヘムライン)の処理。芯地作業を行っているため綺麗なヘムラインを演出。スカートの裾ですね。前回の裏地を合わせて余計な縫い代をカット。アイロン作業で綺麗なカーブをお仕立て。作業後にヘムラインが動かないようにミシンで細かくコバを打ちます。今回の場合はミシンでも良いですが、通常はハンドメイドで裏からの救い止めが基本です。スカートの構成とデザインによりお仕立ての用途が少々変わります。どちらが綺麗に見えるかがポイントです。綺麗に、描きたいシルエットがどちらの方が良いか?から選ぶと良いですね。

 

ヘムライン スカート裾の処理とお仕立て

 

 

ドレスのデザインを施すパーツ作り!

ベーススカートの処理を終えたら、専門のパニエに合わせてシルエットを確認。同時にフリルやデザインに施すパーツを製作。今回のドレスは、花びらをモチールとしたフリル、裾周りのバイアスフリルなどのパーツを製作。フリル作りは今度ご説明致します。

 

 

フリルとリーフの製作 パーツ作り

 

 

それぞれのフリルやリーフ型フリルをベーススカーに縫い合わせ!

スカートの配色やそれぞれ製作したデザインパーツをスカートに縫い合わせます。トータルバランスがとても重要。特に多色で構成するドレスは、お色の配色や素材感独特の透明感、トーンのバランスを細かくチェックしながらの作業です。デザインが複雑になればなるほど付けてはチェック、仮止め、本止めの繰り返しです。

 

ステージに映える配色やお色独特の輝き、素材感の見え方などをディテールのデザインと配色を確認しながら作業を行います。

 

スカートにデザインを施す

 

 

今回は基本的なスカートの作り方や重要なポイントをご紹介。

アトリエでは、工場のような一連とした流れでの製作ではなく”一点一点のドレスの見せ所や表現したいお客様のデザインコンセプトを基に丹精込めて作られてます”。製作中にお写真を少々撮りましたので説明を添えてドレス製作の現場をご紹介させて頂きました。時間と手間の欠けた愛されるドレスを全国のお客様にご提供し続けます。ご興味のある方は、”The Rabbit Closet ザラビットクロゼット”までご相談下さいませ。

 

 

The Rabbit Closet 
ザ・ラビットクロゼット

  
一人一人のお子様の理想を叶える ”ピアノやバイオリンの発表会ドレスとコンクールドレス”! 
デザイナーが丁寧に”ご相談やご提案致します”。お気軽にお問合せ下さいませ

 

Web Site:https://therabbitcloset.net
Tel:011-684-1411 
Fax:011-555-1653 
Email:info@therabbitcloset.net

Address:北海道札幌市手稲区星置2条3丁目9-23

メタモールフォーゼ アトリエ内

 

■SNSにも記載しております。

FACE BOOK:https://www.facebook.com/therabbitcloset.net

INSTAGRAM:https://www.instagram.com/therabbitcloset.japan/

TWITTER:https://twitter.com/closetrabbit

PINTEREST:https://www.pinterest.jp/therabbitcloset/

こちらもどうぞ宜しくお願い致します。

 

JUGEMテーマ:New !!! Kid’s

JUGEMテーマ:キッズファッション

JUGEMテーマ:発表会の子供ドレス

JUGEMテーマ:子供ドレス

JUGEMテーマ:ドレスオーダー

JUGEMテーマ:オートクチュール

JUGEMテーマ:HANDMADE * KIDS

JUGEMテーマ:キッズ

JUGEMテーマ:ベビー服

pagetop