October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ピアノの演奏者は右側。ヴァイオリンのアーティストは左側!注目するポイントを表現するドレスデザイン。

ピアノとバイオリンの演奏者に作るドレスの違い!

計算されて作られるからこそステージで際立つ。

 

ドレスを制作する際に欠かせないのはお客様とのヒヤリングやご相談内容。

ピアノの演奏者とヴァイオリンのアーティストはドレスの仕上がりが違います。見せ方の違いとステージの向きがキーポイント。演奏する際は立ち姿や座っての演奏などそれぞれ違います。もちろんステージの向きが”演奏者が表現したい重要なポイント”になります。注目を浴びるポイント!ドレスデザインの見せ所を表現する。或いはお客様にご提案することもデザイナーのお仕事ですね。お客様が気が付かない点をご提案することで”ステージに映える特別なお客様のドレスとなります”。

 

ピアノの演奏者は基本ご本人の右側!

ステージの位置や演奏者の姿勢からピアノの演奏者はご本人の右側にポイントを置いたデザインを施します。ドレスにはそれぞれヒヤリングと相談を通じて丹精に作られたデザインコンセプトがあります。ドレス本体の注目ポイントがキーですね。逆に好き好みや理想を全て詰め込んだドレスは、注目するポイントが外に行きがち。無さすぎてもありすぎてもダメですね。トータルバランスが大事です。

 

ヴァイオリンの演奏者はご本人の左側。

立ち姿で演奏するヴァイオリンのアーティスト。どちらかと言うと左足が前に出して演奏しますよね。或いは左右同じぐらい。ステージでは立ち姿で演奏します。腕を広げてリズムに乗せた演奏が特徴と思います。立ち姿、そしてリズミカルに演奏する雰囲気に合わせたデザインが映えるドレスでしょう。

 

各種アーティストやお客様の好みも大事。

自分ならでわのポイントデザインやスカート構成、カラー等の配色で”私好みのドレスとなります”。演奏曲の雰囲気を表現するためにドレスです。一人一人”ドレス選び”は違うと思います。お客様が求めるデザインをご相談。ドレス選びや配色等、疑問やご質問などございましたらお気軽にご相談くださいませ

 

ピアノの演奏者とヴァイオリンのアーティストのドレス選び

 

 

 

 

The Rabbit Closet 
ザ・ラビットクロゼット

  
一人一人のお子様の理想を叶える ”ピアノやバイオリンの発表会ドレスとコンクールドレス”! 
デザイナーが丁寧に”ご相談やご提案致します”。お気軽にお問合せ下さいませ

 

Web Site:https://therabbitcloset.net
Tel:011-684-1411 
Fax:011-555-1653 
Email:info@therabbitcloset.net

Address:北海道札幌市手稲区星置2条3丁目9-23

メタモールフォーゼ アトリエ内

 

■SNSにも記載しております。

FACE BOOK:https://www.facebook.com/therabbitcloset.net

INSTAGRAM:https://www.instagram.com/therabbitcloset.japan/

TWITTER:https://twitter.com/closetrabbit

PINTEREST:https://www.pinterest.jp/therabbitcloset/

こちらもどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

JUGEMテーマ:子供ドレス

JUGEMテーマ:ドレスオーダー

JUGEMテーマ:オートクチュール

JUGEMテーマ:ベビー服

JUGEMテーマ:子どもの習い事

JUGEMテーマ:HANDMADE * KIDS

JUGEMテーマ:キッズファッション

JUGEMテーマ:New !!! Kid’s

JUGEMテーマ:キッズ

JUGEMテーマ:発表会の子供ドレス

 

pagetop