November 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ドレス制作の下準備。時間を掛けた下準備はドレスの仕上がりを左右する大切な工程。

新作のドレスを制作!制作準備の第一歩は裁断。

下処理とお仕立て前の準備。

 

ドレス制作の流れと下準備。

The Rabbit Closetのドレス制作は、ドレスのデザインを形にする”デザイン立案と構成、デザインテーマ”が大事。そして想い描くデザインを形にする計算されたパターン構成(パターンの作成)を行われます。これまではどこのメーカーも企業様も同じような工程でしょう。アトリエで丹精込めて作られるドレスは、本生地を縫う前に行われる下準備に時間を掛けます。裁断する生地の下準備、見頃の制作の準備。生地の伸び縮みを縮小させるアイロン作業と張りを持たせる芯地作業。それらの工程を得てパターに合わせた生地の裁断を行います。

 

ドレス制作の下準備は仕上がりを左右する大切な地味な作業。

ハンドメイドで丹精込めて創られる1点1点のドレス。下準備はドレスの良し悪しを左右する大切な工程。時間も必要とする重要な工程と言っても過言ではありません。スカートシルエットはもちろんの事、上見頃などの着やすさ、肌触りの良さ、特に”演奏者が表現したいイメージと演奏中のドレスの表情を調和させる、動きに連動する流れ”。それらの表現したい雰囲気や表情を表現するドレスだからこそ、計算されたお仕立てと、構成が必要不可欠。ドレスを選び際は写真でも、ドレス姿は動きのある美しい装いを表現するドレス!これは必要以上に時間と丹精込めて作られる下準備を行う為です。

 

パターン制作

 

通常の生地の裁断と生地素材の特徴に合わせて”経験を生かす職人技”。

生地の風合い、柔らかさ、シャープさそれぞれ生地の特徴があります。仕上がりのイメージを頭に置き、創り上げるクリエーティブな世界。繊細な表情を表現する為スカート枚数に合わせて絶妙な誤差とゆとり分量を入れた表現。重ねるスカート枚数で層の上に更にスカートを乗せてえ行きます。ゆとり分量を入れながら、重なり合う絶妙な表情を表現します。特に今回制作予定のようなレイヤーを重ねたスカートは、”生地素材の柔らかさや透明感”を表現したいと考えてます。職人の経験が生かされるスカートですね。後日デザイン等を発表させて頂きます。楽しみにお待ち下さいませ。

 

裁断 ドレス制作

 

The Rabbit Closet 
ザ・ラビットクロゼット

  
一人一人のお子様の理想を叶える ”ピアノやバイオリンの発表会ドレスとコンクールドレス”! 
デザイナーが丁寧に”ご相談やご提案致します”。お気軽にお問合せ下さいませ

 

Web Site:https://therabbitcloset.net
Tel:011-684-1411 
Fax:011-555-1653 
Email:info@therabbitcloset.net

Address:北海道札幌市手稲区星置2条3丁目9-23

メタモールフォーゼ アトリエ内

 

■SNSにも記載しております。

FACE BOOK:https://www.facebook.com/therabbitcloset.net

INSTAGRAM:https://www.instagram.com/therabbitcloset.japan/

TWITTER:https://twitter.com/closetrabbit

PINTEREST:https://www.pinterest.jp/therabbitcloset/

こちらもどうぞ宜しくお願い致します。

 

JUGEMテーマ:子供ドレス

JUGEMテーマ:ドレスオーダー

JUGEMテーマ:オートクチュール

JUGEMテーマ:子どもの習い事

JUGEMテーマ:HANDMADE * KIDS

JUGEMテーマ:キッズファッション

JUGEMテーマ:キッズ

JUGEMテーマ:New !!! Kid’s

JUGEMテーマ:発表会の子供ドレス

pagetop